ロータスデザインの部屋

広島市内を中心にガーデン&エクステリアのデザイン、施工管理を行う LOTUS designです。 日々の出来事やお庭の事、たくさんおしゃべりしたいな・・・と思っています。 ぜひ、「ロータスデザインの部屋」に遊びにきてくださいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロータスデザイン通信③

車庫


今日は車庫についてのお話です。

車庫一台分にどのくらいのスペースがいるかというと・・・

ドアを開けた時の事を考慮して、

横幅2.5m×奥行5mを基準に取ります。

横並び二台分だと単純に5m×5mになりますね!

建物が敷地のどこに建ってるかによって車庫の取り方が変わってきますので、

新築で家を建てられる方は「なんとなく」でいいので

知っていたらいいかもしれません。

車庫と玄関に行くアプローチのスペースが一緒になっている場合もあります。

その場合アプローチを80㎝~1m(車庫+アプローチ:6m程度)取ればいいですね!

車庫のデザインも色々できます。

コンクリート:一色だととても殺風景になるので、

目地を下草にしてあげるとスタイリッシュになります。

※目地とは車庫など広い部分にコンクリートを打つとひび割れてしまいます。それを防ぐ為の見切りです。

車庫 コンクリート



インターロッキング:

道路や歩道、公園などの舗装に使われるブロックの一種で

水はけがよく補強の面でも優れています。

色や種類が多いので、色々な表情を作る事ができます。

DSC_0052_convert_20120903113149.jpg


普段は車が止まって見えない車庫床ですが、

車がない時や車で帰ってきた時に見える車庫を思って

デザインを考えてみるといいですね!



詳しい施工例はここを今すぐクリック!
       ↓↓↓


エクステリア・外構と庭のガーデンプラット







スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。